お伊勢参り まとめ

伊勢参りのメインである「外宮」「内宮」を

それなりに、手順をえてお参りしました。

ただ、素晴しいのですが、正直お参りする気持ちだけが先走り

なんだか・・・

「観光気分」になっちゃう感じ・・・

帆先生の

「自身の感情の処理キチンと出来てないと単なる『観光』になっちゃうよ」

と言う言葉がこだまして・・・・。

 

最終日に

いくつかの神社をお参りして

時間があったので

 

なんとなく再度「内宮」へ

NAIGU1

 

二度目の「内宮」は気持ちゆったりとしていたせいか

だいぶ周りの自然に目を向ける余裕がでていました。

 

猛暑の中、連日歩いていったので

体が熱帯びていたのか、

ちょっと「ボー」っという感じになって。

CLOUD

自分の体温が蒸発してる為なのか

ほんのわずかな風でも、心地よく感じたり・・・

なんと表現したら良いのか

「羊水」のなかにいるような

暖かく、心地よく、守られているような・・・。

静寂な、穏やかさというか・・・。

でも、この感覚は

新しい発見ではなく

もともと最初から、そこに存在していて

ただそれに気がついていなかったというような

 

上手く表現できませんが

眼鏡を頭にしているのに慌ててさ探して

「あっ、こんなとこに」みたいな

そんな感覚に近いような、違うような・・・。

 

TORI2

そして

「内宮」の木々の間の

こぼれ出る陽射しが

光のカーテンのようにゆれて

参拝者を照らしているのをみて

sun2

 

「ああっ どんな事してても

自分達は自然の中に包まれていて

陽射しは照らしてくれていたんだなぁ~」

言葉にするとありきたりの事を

素直に

純粋に

しみじみと感じ・・・

 

 

どこかで

何かが腑に落ちて

 

なにかに

とてつもなく

安心して

 

今回の伊勢参りで

格別にスゴク

変ったわけではなく

 

でも

妙に落ち着いています。

 

荒野の中を修行して

五感を研ぎ澄ませた

ブッタのような

「悟り」はありませんが・・・(汗)

 

短い期間だけど

できるだけ「思考」しないで

「会話」をなるべくしないで

自然の中で「感覚」を意識することに集中していたから

 

あたりまえの

この「感覚」が少し戻ってきのかも。

 

 

冷暖房の中で

常に快適に過ごしていると

だんだん、生命の感覚がなくなるから

あえて

不安や

心配や

怒りなど

感情を作って

「生命」を感じるようにしてるのか・・・

 

偶然にも

「内宮」を出るとき

「神馬」に出会いました。

HOUSE

 

やさしい瞳は

あの感じと同じ!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お伊勢参り 二見浦 

伊勢参りの玄関!とも言われる 「二見 興玉神社」 meotoiwa 海に浮かぶ、男岩と女岩を綱で結んである 見たことがある人も多いのではないでしょうか? 海に浮かぶ神社で この岩にはいかれませんが 二見浦神社からまじかに、この夫婦岩を拝むことができます。 FUTAMI-NAO 海は海水から「塩」が取れます。 「塩」=清める「浄化」なので なので、古来より伊勢神宮を参拝する人は、まずここで身を清めて それから「外宮」→「内宮」と参ったと言われています。

この習わしを「浜参宮」と一般的に言われています。

そして この「二見浦」は帆先生いわく 「現実の問題を見つめ、清めるところ」だそうです。

「瀧原宮」が本来の自分を見つめる場所で

「二見浦」は現実の問題と向き合う場所です。

うンン~

どちらも、とても大切ですし、

どちらも簡単なことではありません。

でも、こうやって自分の穢れを払い、清めていくことで

やっと皇大神の前に行くことが出来る・・・と行くことでしょう。

なんか、スゴロクみたいに感じてしまいました。

 

着いて直ぐにまずお参り

「おみくじ」があったので引いてみると なかなか厳しいお言葉 「嵐の中、小船は揺れるけれど 必ず晴れるから しっかり舵をとれと・・・」

 

今までの概念や様々な不安な心があるのを、 ハッキリと言われた気がして

これじゃ「内宮」までたどり着かないかも・・・

ホント

「すごろく」みたいに

振り出しに戻る・・・なんて言われたら

(誰に言われるわけでは、ありませんが・・・)

ここまで来たのに

何か

どんより・・・

やっと宿について

一人でも優しく迎えてくれた

女将さん!

 

美味しいご飯を頂き ooishi 気持ちを持ち直し   ・・・

 

でも、 やっぱり・・・

何か引っかかるから

 

宿がちょうど 夫婦岩の前だったので 夜、海辺を少しあるき

ちょうど夫婦岩も「Light-Up」 lightup1 明日はなにか変るかな~と

海に色々念じつつ

 

そして翌朝 朝日が昇る時 SUNRAISE 再度お参りに行ってきました。 海も空もピンク色に染まり とても美しく 感動的な 瞬間でした!

お伊勢参り 瀧原宮へ

「伊勢神宮」といっても

それは伊勢にある125社全ての総称です。

今回は「内宮」と「外宮」を中心に帆先生のアドバイスを受けて

自分に必要な神社を順番にお参りしました。

 

伊勢に行く前の下準備で、地元の氏神様に「これから行きますのでよろしく!」と伝えておいて

いざ、出発!まず目指すは「瀧原宮」

知る人ぞ知るパワースポット!!!らしく・・・

長野の有名なパワースポット分岐峠と同じゼロ磁場で

日本を横断する中央構造線上にある聖地がゼロ磁場とされ、強力な気を発しているとのことで~す。

根強い人気はあるけど、伊勢市から電車で更に1時間くらい、そこから車で15分ぐらいの山の中、だからあまり観光客少ないです。

やっとたどり着いた「瀧原宮」TAKI-SING

「瀧」と記してあるだけに「滝」がおおく。

山奥にある「神の滝」は立ち入り禁止。

滝から流れてきた川で「手を清め」

HANDSWASH

参道を登っていきます。

途中の鬱蒼とした杉並木。と言うより「森」かな?

参道の真ん中にあった「杉」は

木肌が斜めにネジレていて「綱」のよう、

本当に天まで「杉の綱が」登っているようでした。

TREE

地元の人の話では「細木数子」さんなども良くいらっしゃるとか・・・。

見えない、聞こえない、スピリチュアル ゼロの私でも

さすがに、この澄み切った空気、ここはマイナスイオン満載!ってことは充分わかります。

FOREST1

ここは「自分を内観」する場所。

「皇大神宮」(内宮)に行く前に、まず、

自身の内面を見つめること・・・。

本来の自分と向き合うこと・・・。

今回合計20社ぐらい回りましたが、その中でも

「瀧原宮」は格別です。

TAKI4

入口の鳥居から参道を抜けると、奥に佇む4社が見えてきます。

ここでは周る順番があり、

1.瀧原宮→2.瀧原竝宮→3.若宮神社→4.長由介(ながゆけ)神社の順に参るとされています。

ここは本当に一人でゆっくりとお参りしたい。

癒される場所であるけど

「やさしい」と」いうより

「力強さ」や「エネルギー」を感じました。

 

 

帰りの駅で

TRAIN

66歳のお婆さんに出会いました。

その方はお兄さんが亡くなり、この駅の銀行まで解約に

隣の四日市からはじめて来たそうで、なんと「瀧原宮」を知らず

ビックリしてました。(私の方が驚きでしたが!!!)

そして、「今、色々な問題を抱えていて内宮さんは『感謝』しかしてはいけなかったから、この苦しさは「瀧原宮」さんで聴いてもらおう」と言ってました

それで、私は記念にと思ったパンフレットを差し上げました。

 

その後どうなったかな~。

 

是非、チャンスがあれば「自分を内観」するときには訪ねてみてくださいネ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お伊勢参り その1

この夏初めて伊勢神宮に行きました。

でも、出来るだけ「観光」にならず

「お参り」すると言う気持ちで、一人旅をしてきました。

・・・と言っても何もわからないので

「Soulful Body」のスピリチュアルカウンセラー

帆先生から色々とアドバイスをしていただいて。

 

まず、

よく言われることですが

「伊勢は感謝をするところで、お願いするところではない」

お願いするとしても「平和」とか「地球環境」とかの

大きなレベルで

「家内安全」とか「商売繁盛」なんて言うのは

もっと身近な神社でお願いするそうです。

 

と言う訳で

これから「お伊勢さん」に行くのを

自分の生まれた所の神社と

今すんでいるところの神社と2社に

挨拶をしにいきます

 

普段から

自分の住んでいる土地「地域」(=土地神様)

を大切に感謝しておくと

その願いがちゃんと「伊勢」まで通じるそうで。

確かに

普段なにも、「地域」に還元してないで

急に「伊勢」にいって、祈願するのはおこがましいかも・・・

 

だから「祭り」は神様に感謝を表すものだから、積極的にお手伝いするほうが良いと。

なるほど~!っていまさら感心してしまいました。

それで

私は渋谷の「隠田神社」と今、住んでいる「鳩の森八幡」を

これから「伊勢参り」 に行く報告と

日ごろの感謝、そして祈願してきました。

 

下準備も必要なんですね~

 

 

 

 

 

 

鍛える より 「整える」

3週間ぶりのお客様Aさんがいらっしゃいました。

だいぶ体のバランスが良くなっていらしたのに

すごく、右肩があがり巻き肩になって

「全体に力が無駄に入っている」感じでした。

 

えっ?どうしたの?と聞くと

フルマラソンに出ようと思い

スポーツジムに通い始め、胸を広げようとマシーンを使い運動したら

「肩・首が痛くなった」と

 

Aさんは

50代半ばで早期退職し、健康を取り戻そうと、マラソンしたり日々努力している方です。

彼女は頑張り屋なので

体を動かさないと、体が悪くなると思い

一生懸命運動するんです

 

だ・か・ら

 

だからいけないです!

 

ストレスは「頭」だけだと思う方がいる

体は、運動不足=怠けている・・・と

 

それ、違うと思います

「脳」は体の一部です。

「脳」が疲労することには、しっかり体もガチガチになってます。

 

なのに、休みの日に

無理やり体だけ、

「筋トレ」なんてするんですね~。

「歯をくいしばって」

ハァハァいいながら、マラソンするんですね~

なんか

すごーく「頑張った」気がしてくるのです。

疲労感が達成感になってしまうのです。

 

運動を否定してるわけではありません。

が、

 

 

体がストレスで機能を低下してるなら

無理やり動かすのは

正しいか?

本当に良くなるのか?

・・・疑問を私は感じます。

 

自分に厳しい人ほど

日々、頑張っている人ほど

体の機能低下を「怠っている」と勘違いしやすいです。

 

 

体の機能が低下したから

循環が悪くなり

老廃物がたまり

むくみ

太り

それで

動きにくくなると・・・

 

大変「怠けている」!!

「鍛え」なくては!!!と思い

ガンガン、運動する

 

 

まずは

「調子を整える」ことが必要ではないでしょうか?

弱った機能を「鍛える」のではなく「整える」のです。

それには、運動はいりません。

車を定期的に車検に出すように

 

体の機能・動きを自分で確認しながら

弱いところには

呼吸して

筋肉のねじれを取って

筋肉をリリースして

血流を流してあげる

 

「人間ドック」は検査ですから

「整える」のではありません。

 

体の「調子を整える」には

自分で自分の体と対話して「体の声を聴いて」あげるしかありません。

 

ハードな運動よりズッーと

簡単でらくなんですけど・・・

 

なぜか

歯をくいしばって

頑張って運動するんですネ~

 

 

不思議です・・・。

 

最強!ロシア軍格闘術「システマ」


以前から興味のあった
ロシア軍隊格闘術の「システマ」
このGWに
創始者ミカエル(右端)と息子さん(左端)のワークショップに主人と参加してきました!
えっ?
なんで「癒し」をはじめたカプリスで「格闘技」?と思われるかもしれませんが
この「システマ」日本ではまだ歴史が浅いですが
すご~く奥の深いものなんです。

詳しくはこちら
↓↓↓↓
https://www.youtube.com/watch?v=-cWbtG2UpZI&feature=player_embedded
そして
筋肉をリリースしているカプリスの「美活」の考えかたと
とても似ていて、是非体験してみたかったのです!
「システマ」を簡単に説明すると
4つの原則だけの
じつにシンプルな武術なのです。
1・呼吸
2・姿勢
3・動き続ける
4・リラックス
要するに
人間にとって一番の敵は「恐怖心」これは
自分で作り上げ
自分自身を縛ってしまうのです。
そして、この「恐怖心」は
呼吸を浅く(止め)、
筋肉を緊張させて
思考を低下(パニック)を引き起こす
原因になるのです。
草食動物は「恐怖」を感じた後
ブルブルッ~と全身震えて
地面にに恐怖心をうつして体に残しません。
小さい子が
怖い思いをすると
だいたい、両親に抱きついて
「恐怖心」を外へ放し、安堵します。
でも、大人になると
この「恐怖」を手放す方法を忘れてしまうのです。
いや、教育やら常識やらで
奥深く根づいてしまうのでしょうか・・・。
で、
この「システマ」は
「恐怖」を自分の体外へ出す事をします。
まず、目をつぶり歩き回ります。
「恐怖」を感じたら
両手を自分の前に出して
「恐怖」を体幹から指先へ移動させます。
でも、これ
難しい~んです!
何もない体育館の中でも
なんか上から落ちてくるんではないか? とか
下に危ない、ガラスでも踏むんではないか? とか
人と顔面衝突して怪我するかも・・・?とか
全然歩けないんです。
10分以上やって
やっとすり足で20歩すすめました。
が、
眉間にシワがより
肩・首はもう凄く、ガチガチにこりました
どれだけ
自分が「恐怖」を作り
それで
体がこわばるか、実感できました(汗)。
その後、「走れ!」と言われたけど
薄目を開けてしまいました・・・。
次は
一人が仰向けに寝て
その上に
なっ なんと
8人もの人が横たわりながら重なっていきます。
つま先~胸、顔面まで覆いかぶさります!!!!
苦しい~!
息できない~!!
でも
そこで息を吸うスペースを確保
「肺」を動かせるようにします。(これが重要です!)
ゆっくり呼吸をしながら
今度は体中をチェックして
「あっ!足小指が動かせる」とか
「左手先はスペースがある」など
とにかく、少しずつ自由な部分を見つけてそこから
よりリラックできるような状況へと広げていきます。
呼吸を忘れず
モゾモゾしながら
あの「4原則」を忠実に描いていると
すると
上に乗っていた人達がズルズル落ちてきて
脱出できるのです!!!!
瓦礫の下でも生き延びることができるかも・・・って感じました。
呼吸をすると
筋肉がリラックするだけでなく
「痛み」も感じにくくなります。
正しく呼吸を忘れずにしていれば
ムチでたたかれても
パンチされても
痛みも少なく、体にアザや赤味が残らないのです!
体がリラックしてないと
「痛み」も「アザ」も残るのです。
気がつくと
アザがよくできる人は、
血管が弱いのではなく
体の緊張感が高い方かもしれません・・・。
それに、
歯を食いしばって頑張っても
以外にパフォーマンス力が落ちているかも知れませんよね。
本人の努力に反して・・・。
そして、最後は
後ろから首を絞められたり
手首をねじ上げられたりした状態で
でも
「リラックス」・・・。
筋肉が緩んでいると、あらッ?
自分でも何も考えていないのに、スルーと抜けているんです
しかも、
「あっ~、首に何か邪魔な手だな~~」って感じて
フ~ワッと相手の手を振りほどいたつもりが
が、が、、、
目の前で、首を絞めた大の男の人が転がっているんです!!!!!!
えっ?
うそッ~!
私が飛ばしたの????
いや~
「火事場の馬鹿力」とは
「恐怖」を飛び越して
何も考えない、「空」の状態でやっているのでしょう・・・。
人間に備わっている可能性
それを
私達は、自分の作った「概念」に縛られ
緊張して
アップ、アップしているのかも知れない・・・。
世界最強の「システマ」は
きっと
人生のサバイバルからも抜け出させてくれます
何気なく、スルッーと言う感じで。
カプリスの「美活」は
「システマ」を取り入れることで、最強!!!になるかな~。
こんど
カプリスにいらしたときは
ヘルメットと迷彩服がユニフォームになっているかもしれません(笑)

 

親子の愛 夫婦の愛

結婚式の主賓スピーチを頼まれた時
「緊張して、美味しいものが食べれないなア~」と思いました
で、なかなか苦手なものは後回し
頭であれこれ考えても、PCの前に来ると進まず
急に綺麗にかたずけしたりしてしまいました・・・
掃除しながら
考えて事
「親子の愛」と
「夫婦の愛」は違うという事
普通は
親子の愛情を先に受けて育ちます。
だから、どうしても
他人を愛するとき、「親子の愛」で接してしまうんですね~
赤ちゃんは
口をあけて食べ物を運んであげないと死んでしまいます。
だから、母親は一生懸命にミルクをあげるんです。
そして
その愛情を受けた赤ちゃんは
満円の笑みで、その愛情に答えます。
すると
母親はやってあげた甲斐があり
もっともっとやってあげたくなるんです
やってもらう
やってあげるが普通になります
でも・・・
これを夫婦間でやると
「地獄」をみます。(←我が家では・・・)
外国の諺に
「馬を水辺まで連れて行くことはできるが、
水を飲ますことはできない」とあります。
すなわち
馬にどうにか水辺まで連れてきても
口をあけて水を飲むかどうかは
馬、次第でどうすることも出来ない。という事です。
そう、旦那は「赤ん坊」のように
素直に口を開けてはくれません。
こちらの希望と違う行動をすることがあるのです。
旦那は他人!
今までの生活も、価値観も、文化も、性別も違います。
(我が家は国籍も違いますから、なおさらです)
水を飲んで感謝するなんて
勝手なストリーを作っていると
ショックどころか
「何で分かってくれないの??」とか
「やってあげているのに!!!!」とか
怒りが出てしますこともあります
だから
自分は
馬を水辺に連れて行った過程
の散歩を十分楽しんで
「連れて行こう!」と思った気持ちを幸せに感じて
水を飲むかどうかの
あとの反応は、期待しなければいいのです。
旦那の反応を気にしなくなると
なぜか最近は
お互い良い関係です
知り合ってから
25年目ようやく
「自分が好きでやっている」と言う事がわかりました
「な~んだ 一人で気負っていたんだ!」
残りの人生
夫婦円満に過ごせるかな~♪

Happy Wedding

先週の日曜日、元スタッフ「香取」さんの結婚式がありました。
お天気に恵まれ、とても素敵な結婚式でした
香取さんと旦那様のお二人が
大好きな「ディズニーランド」の近くのホテルオークラー・ベイ
参加されている方から、パレード顔負けの楽しいダンスもあり
とても若く楽しい雰囲気でした。
私もはじめて会いましたが
やさしい旦那様で
すごっ~く香取さんが大好きなのが伝わってきて
Happyな気持ちにしてくれました!
末永くお幸せに~ハート

 

筋肉リリース

美活」の3本柱
1つ「筋肉をリリース」するとは・・・
よくマッサージは
筋肉を
「揉み解す」
「叩く」
「引っ張る」

と言うテクニックを使います。
でもこれは
大きなまちがいなんです。
今日は、試行錯誤で写真や絵を入れてみました
(見えにくかったらすみません・・・)

筋肉は「かたまり」でなく
「筋肉繊維」でできていて 
その周りは
「筋膜」と呼ばれる「膜」で出来ています。

 

これを「魚肉ソーセージ」にたとえてみると

「筋膜」がオレンジ色の外皮になります。

イラストで書いてみました


 

この「魚肉ソーセージ」が曲がった状態が

筋肉が「コリ」の状態です。

曲がると「内圧」がかかります。

「内圧」がかかった

魚肉ソーセージを

上から押したり

楊枝でつついたり(叩いたり)

したら外皮(筋膜)は破れます。

すると「内圧」がゆるむので

一時的に

「気持ちいい~」
「解れた~」と思うのです。


 

でも

敗れた「筋膜」は修復するときに

前よりも厚く硬くなるので
 

 

今度はもっと強い刺激でないと

「聴いている感じ」がしないのです。

ではどうしたら良いか?

曲がった側を

元の長さに戻せばよいのです
 

元の長さに戻す=リリースすることです。
 

「内圧」を緩めて、リリースするのです。

 
 

「ほぐす」のではありません。

「ゆ・る・め・る」元にもどるのです
 

別の例として

ねじれたタオルを

筋肉のネジレとします。


 

ねじれタオルを引っ張ても
 

タオル(筋肉)は元の状態に戻りません。
 

これは「静的ストレッチ」をしても

筋肉はねじれたままで

怪我や故障が多いといわれ始めている理由です。
ねじれたタオルを上から叩いても
ねじれは取れません・・・

 
 

 
 
よく「肩たたき」トントンやりますよね~

一時的に血行が良くなりますが
ネジレ
たままです。




 

では
もみほぐしたら?。



 ねじれタオルの中央を
 グッーと揉んでも

 一時的に中央部分が細くなり

 

「細くなった~」

「浮腫みスッキリ~」なんてかんじるけど

 

ねじれはとれません・・・
 

どうしたらよいか????
 

そう

タオル端を「ゆ・る・め」ればよいのです。

 

タオル端がゆるめば

タオルは元の状態にもどります

 

続きを読む 筋肉リリース

「美活」の3本柱

多くのマッサージは
「筋肉」をほぐす=「筋肉」を固まりと捕らえて、外部から圧力をかけていきます。
私が「美活」と言う言葉を施術に使うようになってから
この「マッサージ」で揉み解すという概念ははずしています。
 
普通「エステ」と言うと揉み解す「癒し系」を想像しますから…。
はじめて「美活」を受けると結構ビックリされる方が多いです
その「美活」も誕生して4年目
名前はそのままでも、随分と変化してきました。
 
はじめの「美活」の主な柱は
2点療法
今感じている、「コリ」だとか「痛い」場所の筋肉を解すのではなく
本来コリの原因(影響を与えている)他の筋肉を見つけ。
「コリ」や「痛み」を取り除いてました
 
カプリスの「美活」は痛いけど効く~!!!と言われたゆえんです。
 
 
次に「美活」に追加したテクニック
リハビリ運動
「コリ」や「痛み」の原因になる筋肉だけにアプローチするのではなく
使わなく硬くなった筋肉を意識すると2~3倍ぐらいの速さで筋肉が柔らかく
可動域を広げてきます。

そして、脳がその動きを思い出し「持続」が長くなりました。
 
このころの
カプリスの「美活」が体育会系と言われました。
 
 
そして今の「美活」は
「筋肉リリース」
「腔をつくる」
「リンパケア」
3本柱で「美活」を行っております。
呼吸法を使って揺らして緩めて、
マッサージはせず筋肉そのものポンプ機能で循環機能を回復させます。

 
「コリ」や「痛み」の局所解消だけでなく
「歪み」を整えるだけでなく
「持続」させる機能維持だけでなく
 
全体の循環がよくなると同時に、顔も体もリフトアップし、
しかも細く引き締まり、それでいて不思議なことに筋肉もパワーアップします。
それが、「維持」ではなく「より良くなる力」を持っています。
 
 
まるで魔法みたいな感じだと思いますが
これは、今までの概念にはない新しい考え方です。
 
これから毎回1ずつ理論をご説明していきたいと思っております。
 
実際私も、目の前で圧倒的な効果を見ても「信じられませんでした」
こんなシンプルなことで???という感じです。
でも、自分自身で変化を体感し、モニターの方の変化をみて
この概念は、将来は「マッサージ」より当たり前となっていると思います。