今、私達が問われているのは「大我の愛」…

「好感を覚える人を愛するのはやさしいことです。

そこには徳性 も神聖さもありません。

好感の持てない人を愛する。

これが魂 の霊の高さを示します。

あなたに憎しみを抱いている人のもと に赴くこと、あなたの気にくわぬ人のために手を差しのべるこ と、これは容易なことではありません。

確かに難しいことです。

しかし、

あなた方は常に理想を目標としなければなりません。

他 人にできないことをする、これが奉仕の奉仕たる所以だからで す。

可愛そうにと思える人に優しくする、これは別に難しいことではありません。

気心のあった人に同情する、これも難しいことでは ありません。

が、敵を愛する、これは実に難しいことです。

愛らしい顔をした子供を治療してあげる、これはやさしいこ とです

しかし奇形の顔をした気の毒な人、ぞっとするような容 貌の人を治療するのは並大抵の心がけではできません。

が、それ が奉仕です。

真の愛は大小優劣の判断を求めません。

愛するとい うこと以外に表現の方法がないから愛するまでです。」

『シルバーバーチの霊訓(1)』(潮文社) p.142~143

 

「敵を愛し、憎む者に親切にせよ。のろう者を祝福し、はずかしめ る者のために祈れ。人々にしてほしいと、あなたがたの望むこと を、人々にもそのとおりにせよ。

自分を愛してくれる者を愛した からとて、どれほどの手柄になろうか。

罪人でさえ、自分を愛し てくれる者を愛している。

自分によくしてくれる者によくしたと て、どれほどの手柄になろうか。

罪人でさえ、それくらいの事は している。

また返してもらうつもりで貸したとて、どれほどの手 柄になろうか。

罪人でも、同じだけのものを返してもらおうとし て、仲間に貸すのである。

しかしあなたがたは、敵を愛し、人によくしてやり、また何も当 てにしないで貸してやれ。

そうすれば受ける報いは大きく、あな たがたはいと高き者の子となるであろう。」 (ルカ6章・27~28/31~35)