「躾」と言う盾

先日

高校生の子供が、何度言っても部活着や、食べ終えたお弁当箱をなかなか出さない…

どんなに、怒ろうと相手もその上をいく態度に、随分とイライラしているお母さんがいらした。

 

この時の、母親の心理としては、2つあると思う。

1つは、母親自身が後で面倒な事になりたくない。

2つ目は、「躾」だから…と

この「躾」と言う言葉は、時として親にとって、非常に都合の良い水戸黄門の「印籠」のようなものになる。

「あ・な・た・の・為 に、言っている…」と

でも、その裏にある感情は

「親である自分」の存在を確認させたかったのだ

まさに、水戸黄門のように、

「はっはっは〜〜 お母さんのおっしゃる通りです」と。

厳し言い方だが、

「母親である私はあなたとって、必要な人」と…

さらに深く観察すれば、「子供に依存」しているのである。

 

思春期を迎えた息子は、自我が目覚めはじめているから、微妙な親のエゴを本能的に見抜いてくる。

 

本当に、母親のプロフェッショナルを目指すのであれば、

「自分が面倒な事になりたくない」と思うなら、自分の都合で、淡々とお弁当箱を洗えばいい。

 

「躾」と言うならば、「本人に任せる」のである。

「任せる」と「期待する」のは違うのも付け加えておこう。

 

一生懸命、子育てをした親ほど、時として「躾」と言う言葉を盾にしているかも知れない。

 

子供の態度に、今一度、自分の姿を見つめてみたい。