病は悪か。

ソクラテスと ある知者の会話

ある知者

「健康が善で、病が悪だ!」

 

ソクラテス

「それなら、病にかかり船旅を諦め、

乗船するハズだった、その船が難破して

命拾いした人がいた。

それでも、病は悪か?」

 

ある知恵者「・・・・・」何も言い返せず。

 

 

 

よく「病気になると皆に迷惑がかかるから」と言う言葉を聞きます。

病人は、病気の意味や苦しさを学び、人に伝える役目があるのではないでしょうか?

「今の私は、『病気』が仕事です。

健康なあなたに、愛を持って

今のありがたさを 伝えてる。

メッセンジャーなのです。」

なんて言えるようでありたい。

「痛み」とは

この春より、シニア向けの

痛みを緩和する リラックス・セルフケアをはじめている。最高年齢は90歳である。

「痛み」は、肉体面と精神面の両方からのアプローチが大切である。

今感じている「痛み」を自分でも和らげる事が出来る事を体験する。と、次第に、誰にも依存しない「自分で自分をみる」「多少のことなら自分で、なんとか出来る」と言う自信が湧いてくる。

それが、ますます状況を良くしていく。

そばで指導する私の方が、驚くこともある。

人間には、自分で癒す力が本当に存在しているのだ。

畏敬の念

今日偶然に、幼馴染と遭遇した。

私がエステを辞め「スピリチュアル」な事をやり始めていると知って、何かの新興宗教にでも入ってしまったのかと心配していたらしい(苦笑)

スピリチュアル=宗教という構図が、まだ根強く残っているのだろう。しかし、私は特定のどの宗教にも属してはいない。

また、ある人はスピリチュアルを、パワースポット神社巡りなど「現世御利益」を求めるツールのように捉える方もいるだろう。j

確かに、私は近くの氏神様や神宮には、時間があればお参りをしているが、これは畏敬の念を持って神前や神木と向き合うと、私の場合より自分自身を客観的に観れるからである。

私は今まで数多くの人の身体を施術させ頂いてきた。だからこそ人間が肉体だけの物ではなく、「霊魂」と言う存在であると信じる事が出来る。それゆえに目に見えないものに「畏敬の念」を抱くのである。

そこにお参りしなければ、その宗教を信じなければ「御利益」がもらえない…となれば、それは余りにも目に見える「物質的価値観」ではないだろうか?

目には見えない「霊的価値観」だからこそ、尊く自然に手を合わせ感謝したくなるのだと思う。

スピリチュアルとは「宗教」ではなく、「現世利益」を得るものでもなく、「畏敬の念」を持つ事だと思う。