スピリチュアリズム

18世紀以前までは「霊的」なことは「宗教」の専門分野でしたが、

1848年に初めて、アメリカのフォックス家でラップ音が鳴ったことから、霊界との通信が始まり。そこからが「近代スピリチュアリズム」の幕開けです。

その後、第一級の科学者達がその「心霊研究」を進めるうちに、「霊」の存在を認めざるを得なくなり、英国を中心にノーベル物理学者シャルル・リ。シャーロックホームスの著者コナン・ドイルなどがスピリチュアリズムの先駆者となり、「英国スピリチュアリズム協会」が設立されました。

同じ頃、ドイツでは神秘思想家アドルフ・シュタイナーが台頭し「人智学」やそれに基づいた「シュタイナー教育」が確立されました。

 

現在の英国では「スピリチュアル ヒーリング」には保険も適用され。英国王室の主治医にはスピリチュアルヒーラーもおります。英国民にとって「スピリチュアル」は非常にポピュラーになっています。

ここで大切なのは「死後の世界」とかいう事より、「私たちは、なぜ生まれて。どのように生きるべきか?」と言う答えが「霊的真理=霊的摂理」の中にしかない。という事です。

そして、日本では、TVの影響もあり「霊・魂」と言う言葉には、だいぶ抵抗がなくなってきているようです。しかし、まだまだ「霊的真理」と言うレベルでは、残念ながら正しく伝わってはいません。

その「霊的真理=霊的摂理」という観点からみると、

英国スピリチュアリズムの流れをくむ「スピリチュアリズム普及会」や

英国でスピリチュアリズムを学び、日本スピリチュアリスト第一人者の江原啓之氏が設立した「日本スピリチュアリズム協会」の2つが主でしょう。

 

なぜなら、「霊的摂理」を明確に、一切の不条理や曖昧なしに伝えているからです。そして、どこを切っても「金太郎飴」のように、どこから問題を照らし合わせても、その「霊的摂理」が正しく当てはまるのです。

時としてその摂理は、厳しさもあり冷たく感じる事もありますが、だからこそ、理性で「大我」以外のなにものでもないと、上記の2つからは学び取ることが出来ます。