「ありがとう」を求める

美容学校時代に、「ありがとう」と言われる職業に就きたいと言っていたことがありった。

「ありがとう」って言われると、励みになるし嬉しくもなる。もちろん、その言葉を頂いた時は素直に喜んでよいのだが、

しかし、「感謝」されることを求めて仕事をするのは、自分が相手に「感謝」と言う「見返り」を求めているのである。その見返りがあればいいけど、ない時には仕事が一層キツク感じられて、辛くなっていくものである。

よく「会社の為に…」などと言って仕事をする方もるが、その大勢の方が、同じように「見返り」を求めているから空回りになってしまうのではないか。

本当のプロは、見返りを求めず、淡々と的確に仕事をこなす。だから感情に流されないので、必要以上に精神的な疲れが出ない。

仕事に限らず、家庭でも「ありがとう」を求めると、見返りがないと疲れを感じる。が「無償の愛」は疲れを感じない。

自分の思いで「疲れて」いるだけだったりする。