「見た」つもり・・・そうだった「はず」。

ルドルフ・シュタイナーが「事物の観察」をすすめるているが、
本当にその通りだと実感する

例えば、
目の前に「植物」を置いて5分間ジッーと観察して
そのあと、目を閉じて「見た」ものを表現してみる
「花弁の色は」「葉脈の形は」「花弁の数は」「手触りは」「茎から花へ変わる色は」etc…

 

電車の前に座った人を頭から足先までよく見て(相手にバレないよに)
すぐに目をつぶり、頭で思い浮かべてみる
「靴ひもの結びは」「靴下は」「携帯の色は」「カバンの自模様は」etc…
ありありと、浮かべられるだろうか?

 

普段の歯磨き粉でさえも 銘柄からデザイン、色、キャップの色、押した指の跡など全て詳細に言えることはなかなか出来ない。

 

どれだけ、私たちが「事物」を正しく見ていないか…
意識していないのではなく、
「しっかり観察」しても正しく見えてないのである。

 

写生をする人なら「しっかり見たつもり」でも

実際キャンバスに写そうとした瞬間

「見てない」自分に気が付くのではないだろうか?

 

今、目の前にある「事物」でさえ

正確に見えてないんだもの
私たちが「そうだった」と言う事実が

どれだけ「正確」なのだろうか?

 

そんな、自分の思い込みの「見かた」で
私たちは勝手に、悲しんだり、傷ついたり、怒り、喜ぶ…。

まず、「自分の見かたが『正確』ではない」と肝に命じたい。

奈良直美

butterfly-1127666_640