老後の為に!?

「老後が心配だから運動を始めた」・・・と言う

今まで、ほとんど運動していない、

ある女性がいました。

毎週、パーソナルトレナーもつけて、ハードな運動ではなく

体の動かし方なども教えてもらいながらの基礎体力づくり

約半年、筋力もそこそこついてきて、

それは、それで良くなってきている感じです。

 

ただ私は、彼女の動機が気になります。

「老後が心配だから…」よく聞くセリフだけど

言霊と言われように、言った言葉はエネルギーがあるので

もうそれを言った時点で「私は老後、心配な状態になるんです!」って決めているんです。

無意識のうちに…

 

「心配」を解消する事を目的とすると

どんどんそこがクローズアップされて

結果的にはその「心配」ということが、大きな基準となり

自分の気持ちや考えを左右してしまうんです。

 

何事にも常に、「老後の心配」と言うメガネをかけて物事を見てしまいます。

 

今は、一時的に「運動」がうまくいっても

必ずどこかで、詰まってきてしまいます。

だって、潜在意識に「心配」を自分で刷り込んでいるのですから…

 

 

現に半年過ぎて

「ちょっと、無理してゴルフしたから

手首を痛めて、しばらくそこは動かさないように運動にしている…」と言われました。

 

理解するのは 難しいかもしれませんが

彼女の場合

手首の痛みは、自身の「不安」が作り出したものなのです。

 

 

「病は『気』から」と言いますが

「病気」が「気持ちの持ちよう」で治るという事より

知らずに思っていた「気持ち」が

その「痛み」や「病気」の原因となるものを作っているということです。

 

 

本来は

「老後の心配ため」を目標にするのではなく

「60歳になった時にあの山登りたい!」とか

「70歳になっても、あのハイヒールを綺麗に履きたい!」とか

 

「前に進む目標」 これから先の自分がどうありたいのか?

 

ここを、「気づいて」ほしい~

clock old

奈良直美