舞い落ちる「落ち葉」

新宿御苑の落ち葉がとても美しい。

私たちが、日々に追われていても

自然を忘れていても

必ず 次の季節を運んできている

確実に

 

私たちの中で

自分が忘れていても

必ず 運んでくるのは何だろう???

 

それは

 

「老い」かな?

 

 

「老い」は

 

確実に

決して

忘れずに次の「歳」を運んでくる

 

 

それは、普遍の法則

 

 

なら

 

「アンチエイジング」とはなんだろう

 

 

「アンチエイジング」=「若返り」

だとしたら、

それは

自然の中の「法則」に合っていない・・・

 

と、美容家でありながら そう思う

 

花満開の「春」も素敵だけど

 

紅葉の「秋」も魅力はある。

 

 

季節のように移り変わる「肉体」を

その時の美しさで

精一杯 表せばいい

 

シワやタルミは「その季節」の表れだから

 

 

真の

「アンチエイジング」は

「その季節ならではの美しさ」を表すのではないか?

 

なんて・・・

舞い落ちる「落ち葉」に

いろいろ 考えてしまったw~

beech-10587_640

「解消」と「気づき」

  • 毎日生きている限り、色々なストレスを受けている

できる限り「ストレス」は解消しましょう!!!と言う

 

運動で、ストレス「解消」!

カラオケで、ストレス「解消」!

森林浴で、ストレス「解消」!

アロマで、ストレス「解消」!

Lineで、ストレス「解消」!

食べて飲んで、ストレス「解消」!

 

ホント色々な「ストレス」解消法はあると思う。

 

「解消」しなくて、溜まったら

「病気」になるかも知れないし・・・

回りにあたり散らすかもしれないし・・・

だから「解消」も大切

 

でも、

昨日のストレスを「解消」しても

また今日、会社にいけばストレスを受ける・・・

 

 

次から次へと~ストレスの波は押し寄せる

もぐら叩きのように・・・

 

結局、前に進んでいるのではなく

同じところにいて、ぐるぐる回っているだけだったりする

 

「解消」も悪くないけど

 

 

でも

「解消」は「解決」にはならない

「癒し」も「解決」にはならない

 

 

 

「解決」するには

自分を見つめようとする「意識」が必要

 

 

なぜなら

ストレスは自分の中で作り出しているから

そんな自分に「気づく」

 

自分がストレスを引き起こす この「癖」!!!

 

これに「気づく」のは難しい。

 

 

けれど

唯一、それが「解決」につながると思う

 

 

他人の作り出しているストレスには、すぐ「気づく」ンだけどね~

nara naomi

 

red leaves

赤ちゃんが教えてくれた

「赤ん坊は、泣くのが仕事」などと話しているときに
ふっと思い出した。

 

私が出産で入院したとき
次第に陣痛が弱くなり、24時間過ぎたところで
急遽「帝王切開」になってしまった。

麻酔から目が覚めても
思いがけない展開にグッタリしている私に

看護婦さんが

生まれたばかりの息子を連れてきた
「さぁこれからは、一緒ですよ~」
母子同室のこの病院は

生まれたら時から親子が一緒の部屋で寝る

 

 

自然分娩できなかった事に まだ気持ちが整理できていないのに・・・
急につれてくるなんて・・・

 

 

自分と違うリズムで呼吸している息子
眠れない・・・

 

 

切られたお腹に「力」が入らず、起きるのが大変なのに・・・
泣いたらどうしよう・・・

 

 

私が寝返ったときに、つぶしたらどうしよう・・・
枕やシーツで私の体が動かないよう固定して・・・

 

 

こんな窮屈な思いをしなくちゃいけないなんて・・・

早く体力回復したいのに・・・

 

 

とにかく
1時間でも
30分でも
ゆっくり寝たい・・・

情けない思いを感じながら
ナースコールをしようとした時

 

掃除婦のおばさんが入ってきた
シーツぐるぐる巻きで、枕で堤防!?を作っている私をみて
分ったんだろう

「お母さんになったのね~」って笑いながら一言

 

一瞬

意味が分らなかった

 

そっか・・・

 

生まれたばかりの 赤ちゃんなのに
もう
「生命」の存在を教えてくれていた

 

そして
「守りたい」と思う
母親の感情を持たせてくれた

 

何もしゃべれないのに
何も一人できないのに

 

そこにいるだけで
生きているだけで
もうその「存在価値」を教えてくれた

 

涙が自然にあふれ出し

 

命の重みをしっかり抱えながら
心から感謝した

 

「教えてくれて ありがとう」

DICEbaby1