鍛える より 「整える」

3週間ぶりのお客様Aさんがいらっしゃいました。

だいぶ体のバランスが良くなっていらしたのに

すごく、右肩があがり巻き肩になって

「全体に力が無駄に入っている」感じでした。

 

えっ?どうしたの?と聞くと

フルマラソンに出ようと思い

スポーツジムに通い始め、胸を広げようとマシーンを使い運動したら

「肩・首が痛くなった」と

 

Aさんは

50代半ばで早期退職し、健康を取り戻そうと、マラソンしたり日々努力している方です。

彼女は頑張り屋なので

体を動かさないと、体が悪くなると思い

一生懸命運動するんです

 

だ・か・ら

 

だからいけないです!

 

ストレスは「頭」だけだと思う方がいる

体は、運動不足=怠けている・・・と

 

それ、違うと思います

「脳」は体の一部です。

「脳」が疲労することには、しっかり体もガチガチになってます。

 

なのに、休みの日に

無理やり体だけ、

「筋トレ」なんてするんですね~。

「歯をくいしばって」

ハァハァいいながら、マラソンするんですね~

なんか

すごーく「頑張った」気がしてくるのです。

疲労感が達成感になってしまうのです。

 

運動を否定してるわけではありません。

が、

 

 

体がストレスで機能を低下してるなら

無理やり動かすのは

正しいか?

本当に良くなるのか?

・・・疑問を私は感じます。

 

自分に厳しい人ほど

日々、頑張っている人ほど

体の機能低下を「怠っている」と勘違いしやすいです。

 

 

体の機能が低下したから

循環が悪くなり

老廃物がたまり

むくみ

太り

それで

動きにくくなると・・・

 

大変「怠けている」!!

「鍛え」なくては!!!と思い

ガンガン、運動する

 

 

まずは

「調子を整える」ことが必要ではないでしょうか?

弱った機能を「鍛える」のではなく「整える」のです。

それには、運動はいりません。

車を定期的に車検に出すように

 

体の機能・動きを自分で確認しながら

弱いところには

呼吸して

筋肉のねじれを取って

筋肉をリリースして

血流を流してあげる

 

「人間ドック」は検査ですから

「整える」のではありません。

 

体の「調子を整える」には

自分で自分の体と対話して「体の声を聴いて」あげるしかありません。

 

ハードな運動よりズッーと

簡単でらくなんですけど・・・

 

なぜか

歯をくいしばって

頑張って運動するんですネ~

 

 

不思議です・・・。