ゲルマ温浴

こんにちは♪
寒さが増してきました木枯らし
秋は何処へやら、、一気に冬を感じます。
世の中にはダウンコートを着てらっしゃる方もいて
あれの上を行く防寒着は何だろう、、冬はまだこれから、、と勝手に心配している次第です。
気温が下がってきて、体が温まり難くなってきましたね。
ついつい体に力が入りやすくなってしまいます。
体を動かしてもナカナカ温まらない。
手足・腿・お腹が冷えて眠りにつきにくい。
浮腫み易い。
色んな症状を引き起こす「冷え」
そこでご紹介したいのが
『ゲルマ温浴』
たくさん汗をかける。
体を温めてくれる。
脂肪燃焼効果。
などの効果があると言われていますが、はたしてゲルマニウムの良さとは?
人体の働きは全て電気活動”というお話は聞いたことがあります。
例えば、筋肉を動かす、代謝を促進する、なども電気信号電気
電気は、プラスとマイナスがありますね電池
これらがバランスを保っている状態が理想とされてるようです。
バランスが崩れると、異常な電気信号が流れて、細胞の代謝が滞り
肩こり、腰痛などが起きてしまします。
そこでゲルマニウムの出番!
器用なゲルマさんは、相手がプラスの性質を持ってるとマイナスに
マイナスの性質だとプラスになってバランスを摂ってくれるのです!
つまり
酸素(-)をゲルマニウム(+)が抹消組織まで供給してくれて「代謝を上げる」
乳酸などの酸性物(H+)をゲルマニウム(-)が中和して体外に排泄してくれる「デトックス」
という効果が得られるのですね。
また
手と足を温める(43度くらい)と汗腺が活発になります。
手足で温められた血液が体深部も温めてくれます。
脳温も上昇して全身の汗腺を動員して、「大量の汗」をかかせるのです。
いつもの施術に
「ゲルマ温浴」を取り入れてみませんか?
Taira
 

はじめての英国留学

私が「エステ」を始めた頃は、まだ、「エステ」専門学校など無く、

いつしか本場ヨーロッパで勉強したいと漠然と思っていました。
 

そんなある日

美容師の友人から、Air Mailが届き、

そこに、見知らぬ異国の路上でヘアーカットをしている写真がありました。

 
 

それを見た私は、ちょうど夏に

シデスコ・エステ世界大会(CIDESCO)がイギリスで開催される予定だったのを思い出し

速攻、旅行会社に行き、英国行きのチケットとホテルを予約したのです。

行けば何とかなると…

 
 

で、一番最初に驚いたのは『入国審査』でした。

当たり前ですが

Englishiだったのです!!!

 

色々準備したつもりでしたが、英語圏と言うことをすっかり忘れていました…

何とかジェスチャーで

ホテルまでたどり着きましたが、大会会場がわからず

(…と言うか、現地の人は皆しっているのかと、のんきに考えてまして…)

 

日本にいる母に「迷子になったから、置いてきたパンフレットみて教えて!」と電話

驚愕の両親!

夜中に、突然、娘が地球の裏にいて迷子!?になっている!!!!

 

今、考えると「とんでもない娘」でした。

 
 

でも、不思議なもので

なんのコネクションも会話力もないのに、大会先で留学先の美容学校を見つけ

先生や友人たちの協力で無事卒業し(周りの人はいつも大変ですが…)

 

その後も、海外の美容と係る仕事8年間就いていました。

 

今振り返ると、その時はそれなりに多少努力したと思いますが、

漠然とでも自分のビジョンを持っていると

なんとなくそれなりに道が開けていくと思います。

 

筋肉をゆるめる

最近色々なネットで
今迄の「筋肉運動」「エクササイズ」や「ストレッチ」が本当に
体に良いか?
疑問の声が上がっています。
昔の人は「筋力」をつけなくても
重たい荷物を軽々と持ち上げたり・・・
と、言うより「重たい」と感じないよう「労働を軽くしよう」と意識していました。
例えば
今は、バーベル上げで「これは重い」→「それを持ち上げるのは凄い!」…と言う意識でやっています。
だから、脳が「重い」=「疲れる」と連鎖反応を起してしまうのだそうです。
「運動」を一生懸命やるのと
「簡単な動作」として捕らえると全然,
体の反応が違います。
「古武道」ではこれが基本で、体を鍛えるのではなく、
体1つ1つの動きを効率的に、全体で連動させて(時にはその部局部だけで)エネルギー消費を抑えるようにします。
エネルギー消費を抑えるので、疲れないのです。
エネルギーを消費させたいなら
「運動」もいいと思います。
でも、
最近の発表では、運動しすぎると、筋肉疲労が起きて「コリ」=活性酸素の原因(老化)が起きることがよくあります。
「ストレッチ」は無理に我慢してやると、筋膜は伸びますが中の筋肉組織は縮みます。
すなわち、無理な「ストレッチ」は体が堅くなってしまうこともあるのです。
カプリスの考えとしては
まず、筋肉をストレッチするのではなく、
いままで、「ストレッチ」とブログなどで記してきましたが
これは実際
「リリース」=「ゆるめる」→「本来の状態に戻す」事をして・・・との表現に変更します。
正しい筋肉が疲れていない、ピュア!?な状態(ゆるんだ状態)にして
それから、筋肉の入れる正しい方向をつくりシルエットを整えます。
最近、また色々な講習会に参加して、「美活」も「美活体操」もまた深化しつつあります。
もっと、
楽に
『気持ちよく』←これがカプリスではなかなか難しいかったですが・・・
体を整え維持していく
そんな方法ができつつあります♪~
By奈良